福岡の裏猫番長・海猫屋が綴る猫と映画と節操のないアレやコレやの雑記のblog


by umineko_ya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

天使と悪魔

天使と悪魔

監督:ロン・ハワード
原作:ダン・ブラウン
出演者:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド

海猫屋的満足度 ★★★★☆

ひっさびさにここの更新。
そしてひっさびさの映画館での映画鑑賞。

DVDやWOWWOW等で映画はいろいろ観てたけど。
感想を書く気分までに至らない作品ばかり…
特にハリウッド映画には食傷ぎみで、触手すら動かなくなっちゃってたんだけど。

この映画も触手が動いたわけじゃない。
というのが、前作の「ダヴィンチ・コード」は観てない、原作も読んでなかったから。

だが、しかし!

ミステリーとして普通に面白かった!
そして「どうなるんだろう!?」とドキドキに緊張した!

最初は例えばカトリックの歴史や背景、そういうものを理解してないと入り込めないのかと思ったが。
あとから考えたら謎解きは簡単。
特に歴史や背景を知らなくても、ミステリーとしてアクションとして充分満足。

観終わったあと「実は原作はあぁでこうで…」と教えてもらったけど。
原作が好きな人にはどう感じるかわからないけど。
原作は関係なく、娯楽映画として申し分なし!
テンポもいいし、悪は成敗されるし、ヴァチカンにも配慮してるし。(笑)
群集の歓喜によるメシア誕生!?と思ったときは、あまりの恐怖に鳥肌が立った。
それもうまーくまとめちゃってたしね。

映画としての娯楽性を重視してテンポを考え、原作を大幅に変えたのか?
あちこちに配慮していろいろ削除しているうちに、偶然テンポのいい映画に仕上がったのか?

それがどっちかはわからないけど、私にしてみれば面白かったんでよし!

ただ登場人物に対しては観終わったあと、なんの思い入れも沸かない。
「あぁ面白かった!」という感想のみ。

でも、それでいいんだと思う、映画って。
それもアリなんだと思う、映画って。

エンドロールの最後に

この作品はフィクションです。
実在の人物・団体などには一切関係ありません。


と出たときは、ちゅっと吹いた。(笑)
[PR]
# by umineko_ya | 2009-05-24 21:37 | 映画・DVD

CAT WEEK 2009

CAT WEEK 2009

猫をモチーフにした作品が大集合!
イラスト、小物にアクセサリー、コルク人形、あみぐるみ、紙粘土、消しゴムはんこ、豆本がちゃぽん、博多人形まで勢ぞろい!

■会場:ギャラリーセレスト(中央区大名2-6-1福岡国際ビル3F)(1Fつるやゴルフ)
■期間:2月13日(金)~2月18日(水)
■時間:12:00~20:00

■会場:イムズ5F(中央区天神1-7-11)
■期間:2月20日(金)~3月5日(木)
■時間:10:00~20:00

同会場ともパステル画を出展しています。
どうぞお気軽に足をお運びください。

猫の日企画【にゃんにゃんワークショップ】開催
■日時:2月21日(土)、22日(日)13:00~18:00
■場所:イムズ5Fイベントスペース
■参加費:1,500円(画材はこちらで用意します)※入場は無料です

c0035105_23591930.jpg
「CAT WEEK 2009」 猫好きによる、猫好きの、猫好きの為の展覧会
2月21日(土)と22日(日)イムズ5Fイベントスペースにて、パステル和アートのワークショップを開催します。
誰でも簡単に描けるパステルの技法で、可愛いのにゃんこのふんわりパステル画を描いてみませんか?

詳しくは【Cosmic Rabbits】まで。
[PR]
# by umineko_ya | 2009-02-13 00:00 | 気紛れ日記

魍魎の匣

魍魎の匣(DVD)

監督・脚本:原田眞人
原作:京極夏彦
出演:堤真一 、阿部寛 、椎名桔平 、宮迫博之 、田中麗奈 、黒木瞳 、宮藤官九郎 、柄本明 、清水美沙 、篠原涼子 、マギー 、堀部圭亮 、荒川良々 、笹野高史

海猫屋的満足度 ★★★★☆

前作の「姑獲鳥の夏」があまりにアレだったもんで、ガチスルー決め込んでいたが。
よく考えたら監督が違うんだし、食わず嫌いせず劇場で観ておけばよかった…
かもしれない、と思った作品。
あくまでかもしれない。
試写で観ておけばよかった、ってラインがベストか?

っつーか、前作は実相寺の名前で観に行って、いかにも実相寺だったんである意味「仕方ない」と思ったのではなかったのだろうか?
いや、あれで気に入らなかったのは原田なんとかという女優の色気のなさだ。
しかし黒木なんとかさんはCMではシワ一本ないのにスクリーンだと結構老け(ry

前半の時系列の配分やテンポの良いカット割りは、邦画ではなかなか見られない。
結構ガッツリ見入ってしまった。
ただ後半の「匣」の中に入ってからは少しダレたのが残念。

実は「姑獲鳥の夏」は原作読んだのだが「魍魎の匣」は読んでない。
聞くところ(横で観てた大将)によるとかなり原作と異なるらしい。
確かに京極堂はこのように積極的に行動するキャラではなかったように思う。
が、これはこれで気に入った。

京極堂と関口、そして榎木津が揃うさまは、妙にお得感があったってことは内緒で。(笑)

「この風景はどこまで書き足したもんだろう?」なんて思っていたら、なんとVFXスーパーバイザーが知人だった。(笑)
今度会ったとき制作秘話なんぞ聞いてみようと思う、ほう。
[PR]
# by umineko_ya | 2008-12-08 00:25 | 映画・DVD
男の子のヒーローそれは…
僕らのために、みんなのために悪と戦う。

女の子のヒーローそれは…
私だけのために悪と戦ってくれる。

極論だと思うが、根本はこの点の違いじゃなかろうか?

だからヒーローは恋愛がうまくいかないんだろうね。(笑)
[PR]
# by umineko_ya | 2008-09-04 09:26 | 気紛れ日記

ダークナイト

ダークナイト

監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン 、クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレン、ホールモーガン・フリーマン

海猫屋的満足度 ★★★★☆

「バットマン」という大冠を降ろして挑んだ作品やいかに!?

いや、よかった。
脚本が深い!演出もお見事!

そもそもこの「バットマン」というヒーロー像が非常に受け入れにくかったわけなのだが。
特殊な能力があるわけでもなく、両親を殺されたトラウマはあるにしても有り余る財産で優雅な生活。
ぶっちゃけ「なんのために悪と戦うのか?」という問いに「お金持ちの道楽じゃん?」と答えたくなるくらい。
微塵も感情が揺さぶられないヒーロー、それが今までのバットマンであった。
前作「バットマン・ビギンズ」でそのカタルシスのようなものは感じられたものの、それでも曖昧な部分があったが、今作でかなり明確になったように思う。

高潔すぎる正義感。

環境とか関係ない、ただブルースの人格に起因する以外考えられない。
言い方を変えれば「究極のマゾヒズム」だ。
そこに現れた対極の男・ジョーカー。
従来の悪党像を根本からひっくり返すような恐ろしさ満載!

怪演したヒース・レジャーのご冥福をお祈りします。

いや、この役は… やヴぁいよね?(^_^;)

ねたバレ注意
[PR]
# by umineko_ya | 2008-08-31 19:38 | 映画・DVD
スカイ・クロラ~The Sky Crawlers~

監督:押井守
原作:森博嗣
音楽:川井憲次
脚本:伊藤ちひろ
声の出演:菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、栗山千明

海猫屋的満足度 ★★★☆☆

キャラクターの絵とCGの映像は好みが別れるとこか?
嫌いじゃないが、めちゃめちゃ好みかというとシーンによって様々。
私自身、メカニックにあまり興味がないので、戦闘機にあまりそそられなかった。
空は美しかったが、水の表現は難しいのだなぁ…と思ってみたり。
あと飛行機乗りってヤツは豚も人間も一緒だなぁ…とか。(笑)

音楽&音響は素晴らしいのひとこと!
特に音響の細部までのこだわり具合は、全神経を研ぎ澄まして感じて欲しいと思う。

淡々と流れていくストーリーが 押井さんらしくないほどにわかりやすい!
なぜかそのわかりやすさにイラっときてしまった。(笑)

「若い人たちに伝えたいことがある」

そのメッセージは伝わってはくるのだが、どうにも上っ面だけの優しさしか感じない。
エンドロールを冷静に見ながら(途中、友人の名前を発見してちょっと嬉しくなったり)押井さんも大人になっちゃったのね、これだったら訳のわからん台詞で右脳をかき回してくれた「イノセンス」の方が好きだな、なんて思っていたが…
まさかそのあと、あんなことが待ち受けていたなんて…

ネタバレ注意、というよりちょっとぶっ飛んでるかも?(笑)
[PR]
# by umineko_ya | 2008-08-11 00:40 | 映画・DVD

明日は満月…

明日の満月は前回4月20日に引き続き、蠍座で起きるそうです。
こういう2回も同じ星座で満月なのは非常に珍しいとのこと。

蠍座は「破壊と再生」を意味する星座。
サイクロンとか大地震とか…
地球律にも影響しているのかもしれません。

地球規模じゃなくても、ここ1ヶ月は物事が進んでいかないようなもどかしさを感じた人も多かったのでは?
それでもこの1ヶ月を目標に向かい進んできた人には、きっと再生への扉が待っていることでしょう。

破壊は痛みを伴いますが、その痛みから逃げてばかりいては、次の再生へと進めません。

さてアナタは?

破壊から再生への道を歩いてきたのでしょうか?
それとも破壊から終結の道を歩いてきたのでしょうか?

どちらが良いということでは決してありません。
終結するのならするで、しっかりと終わらせ手放せばいいのです。

そう!手放し解放することがなにより大事。
壊れて復元しなくなったものにいつまでも執着していては、前に進んでいけません。

明日の満月は「状況に観念」する日です。

もう迷いや苦しみをいつまでも抱えてる必要はなくなりました。
すべて手放し、覚悟を決めて自分自身を受け入れましょう!
[PR]
# by umineko_ya | 2008-05-19 18:48 | 気紛れ日記

久々更新…

ここでは久しぶりの投稿です。
みなさん、お元気ですか?
私は相変わらずの日々に更に輪をかけたような忙しい日々を過ごしています。
3月4月は体調を崩しやすく、ここ数年のこの時期は毎年心療内科のお世話になっていましたが(極度の不眠で)今年はお世話にならずに済みました。

しかし駅のホームで倒れる、病院の待合室で倒れる…と、あともうちょっとで救急車!といったことが二度ほどありましたが。(^_^;)

さてここのブログも予想をしてなかった展開に(遅かれ早かれそんな日は来るとは思ってたけど、まさかこんなに急にお別れが来るとは思ってなかったので)今後、どういう内容で更新していくか悩んでいました。

それと現在ここはコメント不可になっていますが、とにかくスパムコメントがひどい上に、なぜかすっごく重いんですよ。

ここはここで残しつつ(思い出もたくさん詰ってますし)たまに思いついたことを、それこそ気紛れに綴っていこうと思っています。
(しばらくはスパムの関係上コメント不可です、すみません)

猫ブログといいつつ、猫ブログではなくなってしまいますが(映画も最近観る暇がなくて)別に新しい猫ブログを立ち上げました。

巌流島日記~日々是猫格闘~

新しい家族の成長日記になる予定です。
どうぞこちらもよろしく♪
[PR]
# by umineko_ya | 2008-04-21 09:33 | 気紛れ日記

無償の愛

ぶんぶんから受け取ったもの。

でっかくて、あったかで。
溢れ出るほどの愛。
癒される…という言葉ではおさまらないほど。

ほんの一週間前。
これから病気とゆっくり戦っていく…
そう決意したばかりだったのに。

2月19日22時20分、16才と2ヶ月弱。

ぶんぶんは天国に旅立ちました。

哀しいけれど、寂しいけれど。
ぶんぶんを想うと暖かい愛でいっぱいになります。

ありがとう、ぶんぶん。
大好きだよ。
[PR]
# by umineko_ya | 2008-02-21 20:53 | 気紛れ日記

もんまり、ふくふく。

猫の幸せってなんだろう?

これを考え出すと思考が止まりません。
いつも自分の中のエゴとの戦いになってしまいます。

ちゃーちゃんとサヨナラしたとき。
いっぱいいっぱいエゴと戦って。
決してスッキリとした答えを得たわけじゃないけれど。
自分の中でひとつだけ「これは猫にとっての幸せだ」って思ったこと…

もんまり、ふくふく。

な~んにも考えてなさそうな寝顔を見たとき。
ひだまりでほんわかくつろいでいるとき。

「もんまり、ふくふくしているなぁ」

そう思うと、私の心ももんまりふくふくしてきます。
例えその思いが、人間から見た一方的なものであったとしても。
視覚に映る猫の姿に幸せを感じられるのならば。
その姿を見られることに感謝をします。

ぶんぶん、16才。

生死を分ける大きな病気と二度も戦って勝利して。
戦っている時間は苦しかったけど、乗り越える度にぶんぶんの生命の力を思い知らされ。
そんなことがあったから、心のどこかで

「ぶんぶんは強い子だから、ずーっと一緒にいられる」

そう思っていたのかもしれません。

でも現実的に「ずっと」は無理なこと…
どうやら一緒に過ごす残された時間はあまり多くはないようです。

本当はもっと早くに「とき」は来ていたのかもしれません。
ぶんぶんは頑張って生きてきました。
そして今も頑張って生きています。
私はそれを最大限に尊重しようと思います。

ちゃーちゃんは戦いを猛スピードで駆け抜けました。
それはそれで苦しかったけれども、ちゃーちゃんのとの貴重な時間でした。
たくさんの気付きを与えてもらいました。

その気付きをかみしめつつ、ぶんぶんとはゆっくりのんびり受け入れながら、戦っていこうと思います。

もんまり、ふくふく…

少しでも長く、そんな時間を過ごせるように。

*****

昨夜は寒かったので、ガスファンヒーターの温度を通常より高めに設定していました。
するとついさっきまで隣でくつろいでいたはずのぶんぶんが、ドアの向こうから

「うにゃーぎゃー」

と、大きな声で鳴いているではないですか!!

なにごとか!?と血相変えて飛んでいくと、そのまま

「ベランダに出せ」

との要求。

この寒い中、外に???
窓を開けるとスタスタとベランダに出るので、震えながらも一緒に外へ。
結局、ものの30秒もしないうちに部屋の中に戻ったのだけど…

戻って気付く、部屋の中がガス臭いことに!!!!!

慌ててガスファン止めて、部屋の換気をしました。

ぶんぶん、16才。
伊達に年は重ねていないようです。
[PR]
# by umineko_ya | 2008-02-13 16:03 | 気紛れ日記